MENU

健康診断で要注意?!「クレアチニン」ってなに?

女性 画像

健康診断・人間ドックを受けた検査結果の項目に
「クレアチニン」がのっています。

 

クレアチニンとは、腎臓機能の働きを数値で示しており、
腎臓が元気で正常に働いているかの判断指標になります。

 

今回は、聞き慣れない方も多い「クレアチニン」に注目して、
簡単にわかりやすく解説していきます。

 

 

クレアチニンとは?

 

クレアチニンと言うのは、体内で生成された老廃物のひとつです。
健康診断の結果項目では、そのままの表記でなくCRN・Crなどと
のっていることが多いですね。

 

体を動かすエネルギー源であるクレアチンリン酸が代謝されると
生成されます。

 

生成されたクレアチニンは血液中に溶け、体内をめぐり腎臓で
ろ過され不要物として体外に尿として排出されます。

 

しかし、腎臓機能が正常ではなくろ過されない場合、
クレアチニンが血液・尿にそのまま溜まってしまい、血液検査などの
結果が高い数値になります。

 

つまりクレアチニン数値の結果を見ることで、自分の腎臓が元気で
正常に働いているかを知る事ができます。

 

 

クレアチニン数値の基準値は?

クレアチニン 画像

 

クレアチニンを生成する元であるクレアチンのほとんどは
筋肉内に元々存在し、体の筋肉量でクレアチニンの生成量も違ってきます。

 

基本的には、筋肉量の多い成人男性と比較して女性・高齢者の方が
筋肉量が少ない分、クレアチン・クレアチニンの平均的な数値は
低くなるとされています。

 

血中に存在するクレアチニンの基準値の平均は、男性0.6〜1.1mg/dl・
女性0.4〜0.7mg/dlです。

 

尿中クレアチニンの基準値の平均は、男性20〜26mg/kg/日・
女性14〜22mg/kg/日です。

 

自分の数値が基準値から外れている場合、可能性としてあげられるのは
腎臓機能低下、その数値の度合いによっては腎不全などの可能性もあります。

 

 

クレアチニン数値でわかるのは?

クレアチニン 症状 画像

 

もしクレアチニン数値が平均的な基準から外れている場合、健康リスク
可能性がいろいろと考えられます。

 

基準値より数値が高い場合なら、腎機能低下などの可能性があり、
数値の度合いにより腎不全・急性腎炎・慢性腎炎などもありえます。

 

万が一、基準値より数値が低い場合もありますが、この場合は
筋肉に関係する疾患の可能性があります。

 

クレアチニンと言うのは、はじめにも説明しましたが筋肉の代謝から
生成される老廃物ですから、クレアチニン数値が低い場合は筋肉の代謝が
正常でない可能性があるのです。

 

ただし、妊娠中の方・初期糖尿病の方・長年寝たきりの生活を
送っている方などは、その体の状態から数値が低くなる事があります。
もしもそれ以外で数値が低くなった場合は、何かしらの健康リスクの
可能性があります。

 

 

あまり聞きなれない「クレアチニン」ですが、決して軽視せず、
数値に何か異常があった場合は、腎臓が発するSOSだと思い、
医師に相談し指導を受け、生活改善・治療に早期から取り組みましょう。