MENU

クレアチニン数値が上昇すると病気リスクも高くなる?

クレアチニン 画像

クレアチニン数値が上昇した場合、腎機能低下の可能性が
あります。
つまり、体内で腎臓などの臓器疾患が進行している場合が
あります。

 

初期に自分で自覚できる症状が起きにくいとされるのが
腎臓疾患なので、クレアチニン数値に何かしら異常が出た場合、
早急に検査を受けるなど、早期発見のためにも
医師の指導に従いましょう。

 

具体的に言うなら、クレアチニン数値が2mg/dl以上現れている場合、
次のような疾患の可能性があります。

 

 

【腎機能疾患】

 

急性腎炎・慢性腎炎

 

腎臓病のくくりの中で多い症状がこの「腎炎」と言うものです。

 

頭痛・むくみ・貧血・蛋白尿・血尿などがあり、他にも尿量の減少、
血圧上昇が起きる可能性もあります。

 

急性腎炎は細菌感染・ウイルス感染後などに発症する場合が
多く、特に急性だと発病時の症状が重症でも比較的治癒しやすいようです。

 

慢性腎炎は長い時間をかけて、血液を良い状態に維持するろ過機能の
糸球体に炎症が継続して起きることで腎機能が徐々に低下していくので、
一回でも罹患してしまうと治癒しにくいそうです。

 

投薬で完全治癒する事がむずかしく、重症の場合は人工透析などを受けます

 

 

急性腎不全・慢性腎不全

クレアチニン 画像

 

腎不全と言う症状は、腎臓の持つ血液のろ過機能低下、そのせいで
老廃物排出がしっかり行われない状態で、腎臓機能が通常時と
比較して基本的に30%以下に低下した状態のことです。

 

急性腎不全は、数時間〜数週間の短期間で腎機能低下が急激に
起きることです。

 

早期発見かつ適切な治療をきちんと受けた場合は、回復する可能性が
大きいでしょう。

 

一方で、数か月〜数年と長期間かけて徐々に腎機能低下が起きるのが
慢性腎不全です。こちらの場合は、失われた腎機能の回復がとても
むずかしいそうです。

 

 

尿毒症

 

尿毒症と言うのは、腎機能低下が引き起こす症状で、腎不全が重症化した
状態の時に現れます。

 

腎臓機能である老廃物排出・ホルモン調整機能・体内に存在する
電解質バランスのコントロールなどが阻害されてしまい、いろいろな
悪影響を起こす要因となります。

 

 

【尿路系疾患】

 

閉塞性尿路疾患

 

比較的にクレアチニン数値異常が軽度な状態だと、尿路結石・
前立腺肥大などの閉塞性尿路疾患の可能性もあります。

 

健康的な状態であれば腎臓からきちんと排出される尿が、様々な
原因で排出されずに逆流するなどして腎臓にダメージをもたらします。

 

また、クレアチニン数値異常が軽度な状態だと、脱水症状などの
可能性も考えられます。

 

脱水症状になると血液濃度が上昇し、一時的にクレアチニン数値まで
上昇するのです。

 

 

【その他の疾患】

 

先端巨大症・巨人症

クレアチニン 画像

 

珍しい疾患ですが、この疾患は寿命に関わる重大なものです。

 

成長ホルモンの過剰分泌が原因で起こる先端巨大症は、
顔の一部・関節部・手足などが大きく肥大化し変化します。

 

成長が止まった成人に現れることの多い先端巨人症が、もしも
発育期に発症すると巨人症として身長が急激に伸びるそうです。

 

外見の変化以外に体調面での変化もあり、頭痛・性機能低下・
視力障害・無月経などが現れる場合もあります。