MENU

クレアチニンの減少方法は?3つのポイントに注目!

クレアチニン 対策 画像

クレアチニン数値が増加、腎臓機能低下してしまった場合、
どう改善していくべきでしょうか?

 

もちろん、異常にクレアチニン数値が増加した場合などは、
早急に病院などを受診し治療を受ける必要があります。
しかし、自分自身でできる対策もいくつかあることを
ご存知ですか?

 

具体的に説明していくと、適度な運動・栄養バランスの良い食事・
生活習慣の改善(節酒&禁煙)の3つがポイントです。

 

では、さらに詳しい3つのポイントの説明を紹介していきます。

 

 

クレアチニンの減少方法

 

適度な運動

クレアチニン 対策 画像

 

適度な運動は、クレアチニン数値の減少はもちろん、健康維持や
メタボリック症候群、生活習慣病予防・改善に必要です。

 

逆に筋肉を激しく動かす過剰な運動は、クレアチニン発生の
原因となる場合があるので、腎臓負担を引き起こす塩分排出のためにも
適度な軽く汗をかく運動がおすすめです。

 

体内のめぐりなどの循環を促すためにも、十分な水分をきちんと
補給しながら、ウォーキングなど軽い有酸素運動を取り入れましょう。

 

 

栄養バランスの良い食事

クレアチニン 対策 画像

 

クレアチニン数値の減少を目指す上で、基本的かつもっとも重要な
ポイントなのが毎日の食事です。

 

タンパク質・塩分の毎日の摂取量には特に注意しましょう。

 

タンパク質は、エネルギー源として体に必要な栄養素ですが、
過剰摂取してしまうことで腎臓負担が大きくなってしまう存在なので、
適度な量を守ることが大切です。

 

次に塩分ですが、こちらも過剰摂取してしまうと腎臓負担が大きく、
血圧上昇やむくみなどの原因となってしまいます。

 

なので、クレアチニン数値や血圧状態を考慮して、医師からきちんと
指導を受けて、自分に合った分量で見直すことが重要です。

 

栄養バランスを良くすることで、ある程度は腎臓負担の少ない食事に
出来ますが、その改善だけでは不十分な場合もあります。

 

クレアチニン数値がもう増加してしまっている場合、
排出促進をしなくてはいけないので、腎臓機能サポート効果のある
栄養素を十分な量摂取するのがいいでしょう。

 

腎臓機能のろ過・排出をサポートし促進するのにおすすめな成分は、
青魚由来のDHA・EPA、ハーブであるキャッツクロー
動物の筋肉に元から存在するペプチドの仲間であるアンセリン・
葉酸・クエン酸などがあります。

 

しかし、これらは必要な量を毎日の食事から摂取することが難しい
栄養素でもあります。

 

そこで、そう言った栄養素がギュッと凝縮配合されたサプリメントなどを
上手に活用することがおすすめです。

 

 

生活習慣の改善(節酒&禁煙)

クレアチニン 対策 画像

 

内臓負担がかかってしまい、体全体の健康にまで悪影響が起きている
場合、当然ながら飲酒・禁煙は控えましょう。

 

適量のアルコールであれば、そこまで大きなリスクをともないにくいですが、
アルコールの過剰摂取は腎不全・腎炎の発症を高めてしまいます。

 

次にタバコは、肺・心臓に負担なのはもちろん、慢性腎臓病の原因、
大きな腎臓負担を生み出す危険因子なので、頑張って禁煙しましょう。

 

事前に受診し、医師の指導を参考にしながら適度なアルコール摂取・
禁煙を行い、内臓負担をできるだけ減らしましょう。