MENU

効果的なクレアチニンの減少におすすめの食事は?

クレアチニンを減少させる食事と食材

 

心がけるのは低タンパク食

クレアチニン 食事 画像

 

健康体になるために必要な栄養素がタンパク質ですが、その他の
栄養素と比較して体内での消化負担が大きく、さらに排出しなくては
いけない老廃物も多いため、腎臓負担がかかってしまいます。

 

腎機能低下が懸念される時に食事で注意すべき事は、高タンパクを控え、
負担の少ない低タンパク食を心がけることが大切です。

 

適度なタンパク質摂取量は、個々の体の状態で異なるので、
医師などに相談するのが一番確実です。

 

※低タンパク血症の場合、タンパク質摂取制限は禁止されているので、
食事制限は自分の独断で行わず、医師の指導を受けましょう。

 

 

塩分に注意

 

クレアチニン値が上昇した場合、腎臓機能に何か問題が起きている
場合などは、塩分摂取を控えるようにしましょう。

 

体内で塩分を処理する際に、大きな負担が腎臓にかかってしまいます。

 

過剰な塩分摂取が引き起こす高血圧は、いろいろな生活習慣病を起こす
原因となりえるので、1日6g以下の減塩食を目指しましょう。

 

いつも通り食事に用意する塩分の多いしょうゆなどだけでなく、
塩分の少ない酢・わさび・レモン・しょうがなど酸味・香辛料を
上手に食事に活用しましょう。

 

 

エネルギー源食材をしっかり摂る

 

毎日体を動かすためのエネルギー源となる栄養素の糖質・脂質は、
生活習慣病の観点から言えば摂りすぎはよくないとされていますが、
腎臓負担軽減を考慮した場合は、タンパク質量を減少させ、逆に
糖質などを増量した食事を心がけた方が良いとされています。

 

体内にエネルギー源不足が起きると、筋肉中のタンパク質が不足分の
エネルギーとして使われてしまい、老廃物が血液中に増加します。

 

血中に増加してしまった老廃物をろ過・排出する臓器は腎臓なので、
その負担を軽減させるためにもエネルギー源を十分に摂取しましょう。

 

 

カリウム・リンの摂取を控える

クレアチニン 食事 画像

 

血中の水分量を減少させるカリウム、腎臓から生成されるリンは、
健康体の場合なら重要な役割を持っている栄養素ですが、
腎機能低下の体の場合は、摂取しすぎないよう気をつけるべき栄養素です。

 

腎機能低下が起きてカリウム・リンが排出されないでいると、
血中にカリウム・リンが留まってしまい、動脈硬化・不整脈の原因となる
可能性があり、多くの健康リスクを引き起こします。

 

 

腎機能サポートの働きのある栄養素を取り入れる

 

血中の不要な老廃物をろ過し排出するのをスムーズに促すために、
簡単に必要な栄養素を摂取できるサプリメント・漢方を上手に
取り入れましょう。

 

腎機能をアップし、増加したクレアチニンを減少させるために、
DHA・EPA・葉酸・アンセリン・キャッツクローなどが効果的と
考えられています。

 

他にも腎臓機能サポートに効果的なものとされているのが、
しじみなどに豊富なオルニチンです。

 

なので、それらの配合されているサプリメントなどを
上手に活用しましょう。

 

漢方では、猪苓湯・五苓散などが溜まってしまった老廃物排出の
促進、排尿を促進効果があるそうなので、体内の乱れためぐりを
しっかり整えるのにおすすめされています。