MENU

クレアチニン減少に効果的なサプリメントの配合成分・効果

クレアチニン 成分 画像

乱れた腎臓機能を改善・正常化し、上昇してしまった
クレアチニン数値を減少させるためにも、お手軽に必要な
有効成分を摂取できるサプリメントはおすすめです。

 

そこで今回は、特に人気の有効成分をいくつか
紹介していきます。

 

 

クレアチニン減少のために効果的な有効成分は?

 

DHA・EPA

クレアチニン 成分 画像

 

青魚由来の成分であるDHA・EPAは脂肪酸で、DHAは多価不飽和脂肪酸
EPAは必須脂肪酸です。

 

両成分には、ドロドロな血液をサラサラにする作用、生活習慣病予防、
記憶力アップなどで有名な有効成分ですが、それ以外にも必要量を
摂取することで上昇したクレアチニン数値が減少した研究結果もあります。

 

ただ、魚油由来の有効成分でとても酸化しやすい特徴があります。
なので酸化予防成分がプラス配合されているものや、カプセルなどに
いろいろな工夫がされているサプリメントを選ぶのがおすすめです。

 

 

アンセリン

 

動物の筋肉中に存在するアンセリンは、ペプチドの仲間です。

 

特に回遊魚・鶏に豊富に含まれ、生活習慣病予防に効果的です。

 

痛風予防・改善で特別注目されていますが、尿素・プリン体の他に
クレアチニンのスムーズな排出も促してくれるので腎機能サポートにも
効果的な成分です。

 

クレアチニン・プリン体などの体内で生成される老廃物が
増えすぎないよう予防したり、腎臓のろ過・排出の働きをしっかり
コントロールしてくれます。

 

さらに、活性酸素除去を促すことで効果的なエイジングケア・
疲労回復も期待できます。

 

 

葉酸

クレアチニン 成分 画像

 

葉酸と言うのはビタミンB群の仲間で、別名「造血ビタミン」と
言われています。赤血球形成を促進し、お腹の中の胎児発育に
深く関わる有効成分なので、妊娠中の摂取がおすすめされています。

 

正常な胎児の発育・成長促進、貧血予防などにとても効果があり、
最近ではクレアチニン・尿酸のスムーズな排出にも効果的です。

 

もし不足してしまうと血中に血栓ができやすくなり、動脈硬化を
引き起こしてしまう原因になる可能性もあります。
さらに心筋梗塞・脳卒中などの健康リスクとなる可能性もあります。

 

 

クエン酸

クレアチニン 成分 画像

 

柑橘類・酢などの酸味成分であるクエン酸には、優れた疲労回復効果が
あるとして有名です。

 

毎日の食事からクエン酸を必要量摂取すると、体内で血液・尿を
アルカリ性にする
とされていて、クレアチニン・尿酸など体内に溜まると
ダメージを受けるものをスムーズに体外へ排出するサポートをします。

 

 

菊花ポリフェノール

 

2000年以上前から漢方として愛される菊花は、生薬として
使用されてきた歴史を持っています。

 

また、日本では菊花茶・食用菊などで知られており、リラックス効果・
美肌効果があるため、女性から支持されています。

 

菊花に豊富なポリフェノールは、腎臓の排出機能をスムーズに
促進してくれ、尿酸生成を抑えてくれるなどの働きから痛風予防にも
効果があります。

 

 

ノコギリヤシ

 

男性に嬉しい強壮効果や前立腺肥大症予防・改善、
さらに利尿効果サポートにも効果的なのでサプリメントなどに多く
配合されているハーブです。

 

排尿サポートや不要な老廃物を体外にスムーズに排出する促進効果があり、
増えてしまったクレアチニン排出などにも効果的とされています。